和洋九段女子中学校・高等学校

MENU

CLOSE

For Education in 21st century.

for

和洋九段にはたくさんの
「for」があふれています

夢の実現のために
大切な人のために
私たちの住む社会のために

For New discovery in Every day school life.

千鳥が淵に映っていた桜のはなびら
皇居の空に仰いだ入道雲
靖国神社で眺めた銀杏並木
武道館の屋根と吐く息が白く染まった

毎日登る坂道は
いつも同じでいつも違う

坂道を登るわたしも
同じに見えて昨日とは違う

いつだって
新しい自分がここにいる

for realizing your
dreams

Students learn to learn by themselves

In the future, society will need people who can manage diversity, and who can think independently and rationally in situations where there is no one correct answer.
We want to influence our students’ character formation in a way that they keep pressing for answers to ‘unanswerable questions’.
We want students who can develop their own thinking to discover how they can be most useful, and to put their understanding of their own abilities to good use.
We teach our students through Problem Based Learning (PBL).
The students don’t just passively absorb their teachers’ knowledge.
The student herself becomes active: she collects information, considers ideas, argues with her peers to clarify ideas, makes reports and gives presentations. The teacher’s role is as a facilitator.
In an arena so rich with ideas, opinions and rational thought, our students can find themselves a new one as citizens of the modern world.

EFFECTIVE COLLABORATOR

自分で自分を育てていく

これからの社会は、多様化が進み、
正解がひとつでないことに対して、
合理的な選択を迫られる場面が連続します。

人格形成上の影響が強いこの時期の生徒には、
「解なき問い」に挑戦し続けてほしい。
そして、自分が何の役に立てるのかを探し当て、
力を最大限に発揮できるよう、
自分で自分を成長させることのできる人になってほしいと考えています。

本校の授業は、PBLと呼ばれる問題解決型授業です。
教員が知識の伝達のためだけに教室にいる授業ではありません。
生徒が主体となって情報収集・考察・議論・レポート・プレゼンテーションを行います。
教員は、ファシリテーターとして生徒を導きます。

多くの意見があふれる教室で、
きっと新たな自分を発見することができます。

学園紹介
ページトップへ戻る