和洋九段女子中学校・高等学校

MENU

CLOSE

Q&A

インフルエンザなどの感染症対策はとっていますか?

 校舎内の洗面所にはセンサー式の非接触タイプのソープディスペンサーを設置し、水道の蛇口もセンサータイプのものに改修致しました。 正面玄関や各教室には、消毒液の設置をしております。

災害・防犯対策、警備体制はどのようになっていますか?

 本校では、昼間は2人以上(夜間は1人)の警備員が常駐しています。警備員は成田空港等の警備を行う会社から派遣される専門家です。
 登下校時間帯は昇降口付近で警備を行い、それ以外の時間帯は警備員のいる通用口以外は、昇降口を含めた全ての出入口がロックされます。また、警察へ直結した非常通報装置も備えられています。
 教職員は全員、麹町警察の防犯講習を受講して、万一、侵入者がいた場合の対処方法等を学んでいます。

〈危機管理について〉
●地震対策
耐震校舎/緊急地震速報装置/非常用電源/発電機/簡易消火剤/一斉メール配信/クローズドサイト/優先電話回線/経路別帰宅班編成/緊急時マニュアルの生徒手帳への掲載/レスキューキャビネット/非常食(3日分)/飲料水(1人あたり500ml×9本)/非常用保温具/軍手/防護マスク/毛布/簡易トイレ/避難訓練、消火訓練/AEDを含めた救命救急訓練/防災頭巾/簡便エアマット/カイロ/クールシート/ドライシャンプー

●防犯
24時間警備員常駐(株式会社セノン 都庁、成田・羽田空港などの警備会社)
カメラ、センサー、オートロックなどの機械警備/警察直結の非常通報ボタン/不審者撃退訓練/来校者名簿、来校者章/生徒向け防犯教室

●全校避難訓練の実施
消火訓練およびAEDを含めた救命救急訓練の実施(教職員)

施設管理は大丈夫ですか?

 エレベーター及び自動ドア、防火扉等の保守点検を法規通り実施し、安全管理に徹しております。温水プールの排水溝も、全ての水を抜いた上で点検を行うなどしています。

個人情報の取り扱いについてはどのように臨まれていますか?

 個人情報保護法施行前より細心の注意を払ってきました。生徒情報については、普通のパソコンで管理することはありません。オフラインのコンピュータを使用し、メディアへのコピーも不可能な状態にしてあります。
 印刷物等の取り扱いにも注意を払い、シュレッダーの設置台数も増やしています。

教員がカウンセリングを行うと聞きましたが、どのようになっているのでしょうか?

 本校では、ほとんどの教職員がカウンセリング講習を終了しています。いくつかのプログラムがありますが、私学教育研究所のプログラムなどを使用しています。中には、中級以上のコースを修了している者や、大学院等で上級コースを修了している者もいます。
 また、カウンセリングルームもあり、専門の学校カウンセラーが生徒・保護者・教職員の相談に応じています。

和洋女子大学の附属校でしょうか?

 本校は、学校法人和洋学園が設置した中学校・高等学校になります。 同学園は、和洋女子大学・同大学院、和洋国府台女子中学校・高等学校、和洋九段女子中学校・高等学校を設置しています。
 本校の場合、「管理栄養士になりいたい」などの強い目的意識のある場合、内部推薦等で例年10名程度が進学しますが、圧倒的に他の四年制大学への進学者が多い為、近年「附属校」のイメージは薄れています。

英会話サロンとは何ですか?

 校内留学が可能になるシステムです。英語のネイティブスピーカーが、放課後、日本語禁止スペースに待機しています。生徒は、放課後ネイティブの講師と自由に会話を楽しむことが出来ます。

勉強についていけない子どもには、どのような対策をとっていますか?

 授業中に行われる小テストなどで成績が思わしくない生徒に対しては、頻繁に放課後の補習や、再試が行われています。また、放課後の質問等は常に受け付けています。 長期休業中の講習では、補習はもとより、発展的内容の講習も数多く行われています。

携帯電話の扱いはどのようになっていますか?

 届出制で持込を許可します。ただし、校内では使用不可となっています。

学園生活
ページトップへ戻る