学校行事

模擬投票(高2)

この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。
投稿日2019/3/19

3月19日(火)午後、高校2年生を対象とした模擬投票が行われました。主権者教育の一環として、主権者としての意識を高めてもらうことが目的です。はじめに、選挙制度についてクイズ形式で学習しました。

 

そして、本番さながらに投票します。記載台も投票箱も千代田区選挙管理委員会からお借りした本物です。投票箱の中がカラなのを確認したり、開票作業も体験しました。

  

18歳になると選挙権があたえられるので、お誕生日が4月初旬の人は早々に選挙を体験するかもしれません。次世代の担い手として、自信を持って投票に行けたらいいですね。

本校では、社会の一員として世の中に目を向け、次世代の担い手としてしっかり考える取り組みを行っています。今年度の取り組みをご覧ください。

CIESF×WAYO カンボジアに本を届けよう

身近な社会貢献

 

 

copyright© WAYO KUDAN JUNIOR&SENIOR HIGH SCHOOL All Right Reserved.