和洋ニュース

高1長野研修旅行-農業体験第3日目

この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。
投稿日2019/5/10

5月9日研修旅行最終日、朝食の後、生徒たちは昨日の白熱したディスカッションの振り返りを行いました。

生徒たちは各自のタブレットに、今回の民泊や農業体験、ディスカッションの発表内容、発表後に思いついたことなどを記録していました。

本校では、積極的にeポートフォリオを活用しており、生徒たちは今回のような体験学習や課外活動、日々の学習活動などについて「学びのデータ」の蓄積を進めています。

 

その後、りんご畑で農作業を行いました。写真の作業は「摘蕾(てきらい)・摘花(てきか)」と呼ばれるもので、真ん中の大きな花のみを残して、周りの蕾や花を摘み取ってしまいます。この作業を行うことで、甘くて美味しいりんごが出来るのです。

 

農作業の途中、ご好意で美味しいりんごジュースとりんごを頂きました。

甘く美味しいりんごを食べて、生徒たちは顔をほころばせていました。

この研修旅行を通じて、様々な農作業を経験した生徒たちは、食べ物の大切さを学んだことでしょう。これに優る「食育」は無いと思います。

秋にはきっと美味しいりんごがたわわに実ることでしょう。

 

 

その後、クラスの集合写真を撮りました。この笑顔が今回の農業体験が生徒たちにとってかけがえのない体験となったことを物語っているのではないでしょうか。

 

作業終了後、閉校式が行われました。指導してくださった農家の方や民泊に関して色々とお世話してくださった方に挨拶をして、私たちは飯綱・芋井を後にしました。

午後5時前に学校に到着し、研修旅行を無事に終えることが出来ました。

 

今回の研修旅行の成果は、9月末の文化祭で発表されることとなっています。

本校の取り組みや生徒たちのありのままの姿を見ることが出来ます。是非、文化祭にお越しください。

 

お問い合わせ・ご質問等 入試広報室 03-3262-4161

                  webmaster@wayokudan.ed.jp

 

copyright© WAYO KUDAN JUNIOR&SENIOR HIGH SCHOOL All Right Reserved.