お知らせ

新オンライン授業の様子 5月11日

この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。
投稿日2020/5/11

今日から時間割が大きく変わりました。最大5時間、実技科目も多く取り入れられ、これまでは学年全体で取り組むことも多かったのですが、今日からはクラスごとの授業がメインになります。

1時間目は「オンライン中1Aクラス」にお邪魔し、地理の授業を見学してきました。

前回の宿題

iPadの世界時計を使い、東京・ロンドンなど都市リストから自由に選んで時計を表示してみて、考えたことをまとめておく。

【導入】

・グループディスカッションの注意点が説明される。

【グループディスカッション】

セッションに分かれて全員が発表し、その中で一番納得できる意見を選択するした上で、気づいたことを共有する。

 

【全体プレゼンテーション】

・各セッションの代表者が発表を行う。


【発表の内容】

・「緯度は関係なさそう」

・「時計と関係するのは縦の経線」

・「一つの国でも時差がありそう」

・「時間の表示は東京より東は+、西は-だ」などなど。

宿題の意図が理解された上で進められていました。

【まとめ】
・代表者の意見をあげながら全体を振り返り、終了しました。

 

見学していて驚いたのが、中1はまだ直接コミュニケーションをほとんど取ったことのない者同士であるにも関わらず、しっかりと発表を行い、また発表者を尊重する気持ちや協力する気持ちがこもっていたことです。まさに本校の目指すPBLが行われており、とても頼もしく感じられました。

次回は計算問題にチャレンジするそうです。頑張ってください。

copyright© WAYO KUDAN JUNIOR&SENIOR HIGH SCHOOL All Right Reserved.