和洋ニュース

アメリカとルワンダからのお客様

この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。
投稿日2020/1/20

 本校では「2030SDGs」というカードゲームを通してSDGsの本質を体感するのをSDGs教育のスタートにしています。

 本日は、生徒たちがSDGsを通してどのような教育を受け、どのような考えを持っているのか知りたい、という海外からのお客様が来校されました。お一人はアメリカの幼小中の校長先生。もう一人はアフリカ中部のルワンダ共和国からいらした若きIT起業家です。実験器具が十分でないアフリカで、バーチャルなサイエンス実験を行うためのe-learningアプリケーションを開発しているそうです。

 授業見学や生徒たちとの懇談を通して交流を行いましたが、高1は現在、地理の授業でアフリカについて学んでおり、教科書では知ることのできないアフリカの発展についてお話を伺う貴重な機会を得ていました。また、中3の生徒たちはSDGsの番号を一人ひとりが挙げながら、これからどういうアクションを取るべきか考えていることを伝えていました。

 SDGsは世界で取り組むべき課題であり、それぞれの国でアクションを起こそうとしている方から刺激を受ける機会を得られたことは生徒にとっても非常に貴重なことだったと思います。通訳兼コーディネーターとして同行してくださったR.H.さんを含めご来校くださった3名の皆様、ありがとうございました!

copyright© WAYO KUDAN JUNIOR&SENIOR HIGH SCHOOL All Right Reserved.