和洋九段女子中学校・高等学校

MENU

CLOSE

MESSAGE FROM GRADUATES

中学高校時代は、未来の自分を見つけるための大切な時間。
なりたい女性像を思い描き、夢を叶え、憧れの職業に就いた和洋九段の卒業生のみなさんに、
輝く今とさらなる未来、そして懐かしいあの頃について語っていただきました。

― 各界でご活躍のみなさんですが、今の職業に就こうと思われたのはいつ頃ですか?

明石子どもの頃から動物が好きで、親に内緒でハムスターを飼ったことがあって…。その時、獣医になって小さな命を助ける人になりたいって思ったんです。

櫻井私は好きな英語を活かして社会貢献したいと、大学で語学力を高め、留学先の大学院で途上国の教育を考える研究を行いました。教育とか、子どもに思考が傾いたのは、子どもの自爆テロのニュースもきっかけでした。彼らはそれを正義と教わり命を捧げますが、つまりは教育が変わらないと戦争はいつまでも続くのです。教育の機会がないと貧困からも抜け出せない。そう考え国際NGOで今、世界の子どもたちの支援を行っています。

竹内憧れは専業主婦でしたが、和洋の先生に「これからは女性も社会に出る時代。自立できる夢を持ちなさい」と言われ、私は考え直したんです。ならば好きな生物学を活かせる職業はないかと大学で学ぶうちに、ウイルスに興味を持ち、研究職に辿りついたんです。

田中医者の家系で、私はなんとなく医者になるだろうと思っていました。ただ勉強が特別できるタイプでもない私が医者になれたのは、素直な和洋生に囲まれていたからだと思います。純粋に夢を語る友人に恵まれ、私は道を外さず女医になれました。

明石そう、私も和洋だから獣医になれたと感謝しています。先生方は成績に関係なく、まずは自主性を応援してくれて。勉強が楽しくなるようやさしく指導してくださったおかげで、諦めることなく、子どもの頃からの夢を叶えることができました。

竹内和洋生は個性豊かで、文系理系と関心があることもさまざま。いろんなバックグラウンドを持った人たちと互いに高め合える環境だったよね。多様な人々の中でコミュニケーション能力や社交性も自然と身につきました。だからこそ決してエリートではない私も、各研究機関で良好な人間関係を築き、研究者として成長できているんだと思います。大学では共同研究が多く、研究者には意外とコミュニケーション能力が求められるんですよ。

櫻井中高一貫で中1から高3まで、年齢差が6歳もある校内では、女性としてこうありたいと思う理想像が身近にあったよね。縦や横のつながりが活発で、私が慶應義塾大学を受験することになったのも、1つ上の先輩の合格体験記を読み、その先輩に憧れたからです。直接受験のアドバイスもいただきました。

― そんな皆さんの基盤になっている、和洋九段はどんな学校でしたか?

明石大げさだけど、家族みたいだったよね。コンクールの前以外は、基本的に日々楽しくのんびり過ごしていて。闘争心とかライバル心とは無縁でね。先生方は生徒がやりたいことを常に尊重してくれて、生徒も素直に自分たちのカラーを作っていける環境でした。

櫻井女子校ならではの大らかな学び舎だったよね。男子がいないから自分を装ったりしないし、すくすく個性を伸ばすことができました。

竹内理科室は、教材の撮影場所になるくらい設備が整っていて、建物も施設も何でも清潔で充実していたよね。プールは温水だったし。自主活動で2年かけて書いた論文は、高3の時、受験に大いに役立ちました。それと私が生物を好きになったのは、生物の話を凄く楽しそうに話してくれた生物の先生のおかげでした。

田中つきあいは深いし、思い出が濃厚で、とにかく楽しかったよね。ホント、あの女子校の日々があったから、あの場所が私の根っこにあると思うから、今が大変でも頑張れるって思います。

  • 明石 なつき さん
    2001年3月卒業
    酪農学園大学獣医学部獣医学科卒業後、札幌市の動物病院勤務。現在は平塚市の夜間救急動物医療センターで獣医として伴侶動物を臨床。
  • 櫻井 麻衣子 さん
    2001年3月卒業
    慶應義塾大学文学部英米文学科を経て、ボストン大学大学院教育学部国際教育開発専攻卒業。NGO職員として約2年マニラに駐在し、現在は国際NGOセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンにてアフリカ・中近東の人道支援を担当。
  • 田中 千陽 さん
    2001年3月卒業
    東海大学医学部医学科、同付属病院臨床研修修了後、東海大学医学部付属病院心臓血管外科入局。同時に東海大学医学部大学院先端医科学専攻に進学。現在は心臓血管外科医として診療業務と並行して外科手術を修行中。
  • 竹内 潤子 さん
    (旧姓:柴田)
    2001年3月卒業
    東邦大学理学部生物学科卒業後、東京医科歯科大学大学院にて理学博士号を取得。名古屋やフランスの研究機関、京都大学ウイルス研究所博士研究員を経て、現在、国立感染症研究所で特別研究員として活躍。
進路指導
ページトップへ戻る